2008年8月18日 (月)

シドニー!/村上春樹 ~ちっとも楽しそうじゃないけど得るものはある~

元来この作者はスポーツ好きである。

というより、ある特定のスポーツにまつわる風景が好き、といったほうがよいかもしれない。(彼が小説を書くことを決意したのは神宮球場のヤクルトの試合中なのは有名は話しだ。)

とはいえ、彼のスポーツにまつわるエッセイというのは意外と少なく、前述の「走ることについて語るときに僕の語ること」とこの書くらいか。

Numberというスポーツノンフィクションの世界では雄ともいえる雑誌にて企画されたこの連載にて、作者は徹頭徹尾、オリンピックというものに懐疑的である。その成り立ち、(好むと好まずにかかわらず持ってしまった)意味、意義。それらを学習はするけれども深入りしようとしない。見るのはオーストラリアと、オーストラリア人と、そこに集う数多くの人々、そして与えられた、勝ち取った場で、すべてを出し尽くす競技者たち。

そして彼の懐疑的な視線を超えて、現れてくる(スポーツだけが持つ)美しい瞬間。

まぁなんだかんだいって、アスリートたちが競う瞬間はかけがえなく美しいし、どんなフィクションもたちうちできない時空間を形成する。スポーツに関する書ってそれに尽きてしまうところはあるのだけれど、そこにたどりつくまでにはその数十倍の凡夫な光景を見てすごさねばならない。(シドニーのビーチバレーとかね。)

日記形式のこの書は、その感情を同時進行系で味わえるのがよいかな。

と思いながらあまり面白くもない北京の高飛び込み競技を見ています。

(バンコクではなぜ飛び込みばかり中継するのか不明。)

41ff0t4g5al

シドニー!

にほんブログ村 本ブログへ

2008年8月15日 (金)

走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹 ~走ることについて~

走る人。

走らない人。

この本に関しては、読者によりその受け止め方が大きく異なるであろう。

走る人、は「走る」ことについての作者の真摯な取り組みと深い考察に共感し、

走らない人、は「語る」ことについての作者の(珍しくも)飾らない言葉の意味を追い求める。

ちなみに僕は「走る」人。(初心者ではあるけどね。)

走ることを知ると、ここで作者が語っている言葉は、幾多のメタファーを交えようと(村上エッセイのチャーミングな魅力!)、ダイレクトに心と体に届いてくる。

走らない人にとっても十分魅力的なエッセイだとは思うが、このダイレクトさはやはり読者を選ぶのではないだろうか。

そのことに作者は気づいていたであろう。ただし数十年走り、語りつづけてきた彼は、どこかで「走る」ことについて、「走る自分」について「語り」たかった。

わずか数ヶ月間走っているだけの僕の想像も、あながち間違いではないと思う。

41taa4lrfol_2

走ることについて語るときに僕の語ること

にほんブログ村 本ブログへ

2008年6月 8日 (日)

やがて哀しき外国語/村上春樹 ~異国に住むとよくわかる~

異国に暮らすこと。

外国語を学ぶこと。

いずれも日本にいれば憧れること。でも実際異国ではストレスの連続。作者はそんなカルチャーギャップを軽妙に描いていく。

日本、アメリカ。その両国のどちら側にも立つことない、その絶妙なバランス感覚が面白い。遠い太鼓でもそうだけど、旅行だけでなく住むことで見えてくることって必ずある。

年をとると外国語を学ぶのがおっくうになる、というくだり。

異国に住むとほんとその通り。30%言葉がわかったら50%の意思は通じます。50%通じたらもう十分。同じ言葉でも70%しか通じてないと思うしね。結構うなずけます。

21v2hqjw4dl

やがて哀しき外国語

2007年6月 5日 (火)

返事はいらない/宮部みゆき~目立たないけど大切な作品~

時代小説、推理小説、社会派。いくつもの側面を持つ作者の、初期の短編集である。近年の彼女の小説のボリューム(文庫で1冊におさまることはまずない)からすると、文庫で280ページ程度のこの小品は、あっという間に読み終えてしまえそうな薄さに思える。しかしながら読み進むうちに、短いながらも品格と奥行きと兼ね備えた宮部ワールドに吸い込まれ、じっくりとじっくりと読みたく、最後には読み終えたくなくなってしまう小説である。

舞台は東京。さまざまな理由で、さまざまな想いでそこに暮らす人々。犯罪の影も感じられない人たちをまきこんで、あるいはそんな人たちの手で、事件は起こっていく。それは発端は小さな想いであったはず。小さな嫉妬。小さな恨み。小さな悲しみ。小さな苦しみ。そんな想いが東京という都会の中で少しずつ発酵し、やがて小さな事件へと展開していく。

作者の特徴の一つ。登場人物を見つめる視線はあくまでもやさしい。悲しい事件を描きながら温かな想いを感じられるのはそのせいか。彼女はその視線の先に何を見つけようとしていたのか。「火車」へ「模倣犯」へ「理由」へつながる系譜。今となればこれが彼女の原点の一つと言えるのではないか。

51xggsf7q9l

返事はいらない

2007年6月 4日 (月)

遠い太鼓/村上春樹~異国で考えること~

日本に住んでいると、当たり前のようにわたしたちは考える。

これはこうあるべきだ、これは普通こうなる、これはこんなときのためにこうしておこう。

そんな日常に疲れたときに人は旅に出る。海外に出たとき、普通のことが普通でないことに当たり前のように気づく。だがそれは気づくだけ。やがてもどるべき自分の国では普通のことが待っているから。

作者は旅に出る。長い旅に出る。正確に言うとそれは「旅」と「日常」の中間のような道程である。そこで生活はする。アパートに住み、料理もつくり、友人をつくる。しかし税金は払わず、コミュニティには属さず、しっかりとした自分の世界を保ちながら、仕事である小説の執筆を進めていく。

作者が発見するもの。どうでもいいような些細な日常の出来事。ギリシアで、イタリアで、イギリスで、旅のような日常の中でつむぎ出されていくエピソードたち。作者はその日々を軽やかにつづっていく。

どこにでも人はいる。生活がある。核とした文化的背景の前にしっかりと立ち上がる人物。肩の凝らない文章が瑞々しく苦々しく香ばしい日々の記録を伝えてくれる。「ノルウエィの森」「ダンス・ダンス・ダンス」の頃、彼が何を想い何に憂いていたのか、その息遣いが伝わってくる記録である。

遠い太鼓

2137h51gt1l_aa140_ 

2007年2月25日 (日)

孤宿の人/宮部みゆき ~怜悧な時代~

宮部みゆきの時代小説。時代は江戸。ただし舞台は江戸ではない。瀬戸内海を思わせる島々で、少女二人を中心に物語は進む。

いきなり起こる殺人事件。すわミステリーかと意気込む読者の肩をすかし、下手人はすぐに判明する。しかし事件はそもそもないものに。「揉み消し」に納得できない少女、理解できない少女。その背景にあるのは時代の持っていた社会の仕来たりの悲しさか。誰もが納得できないのに、誰もが受け入れざるを得ない時代のルール。その仕来たりを作り上げた江戸から送られてきた一人の罪人の老武士の扱いで、小さな島では悲しい出来事が続いていく。あるものは人災、あるものは天災。

人は死ぬ。やがていつかは必ず。しかしできるものならまっとうしたい。親より授かったこの人生を。しかし理不尽な形で奪われていく命。一人また一人。街が崩れていく中ではじまる罪人と少女の交流。最後の一歩で踏みとどまる命。その生の眩しさと尊さよ。生を授けていく人の心よ。

2007年2月 8日 (木)

日暮らし/宮部みゆき ~あたたかな視線~

「ぼんくら」の続編。「ぼんくら」を読んだ人にはそれで充分魅力は伝わる。逆の順序で読んでも悪くはないが、やはりちょっともったいない。
まっとうな暮らし。それを日々繰り返し積み重ねていくこと。簡単なように見えて、簡単でない。なかなかうまくできないのが人間の性。
けれどやはりまっとうな暮らしはは悪くはない人生だ。そう語りかける作者のあたたかい視線がここちよい。江戸という時代背景を借りて、人情の上にサスペンスを展開し、卓越したストーリーテリングで物語は進む。

利発で事件の読みに才覚を発揮する美少年。お人よしの中に強さと厳しさを併せ持つ同心。口は乱暴だがどうしようもなく世話好きで懐が深いおかみ。線は細いがやさしく実直な青年。さまざまな事件が彼ら彼女らが織り成す暮らしの上に降りかかっていく。
作者の時代小説にはパターン化という批評もあるが、あえてこう解釈したい。何度でも何度でも、作者はこのテーマで、この形で、どうしても伝え続けたいものがあるのだと。その想いが続く限り、私たちは彼ら彼女らの「日暮らし」の様子を読み続けたいと思う。

2007年1月26日 (金)

ぼんくら/宮部みゆき ~時代の空気を描く天才~

歴史がある。時代というものは確かにそこにある。

私たちの生きている時代。そして私たちの祖父母やもっと前の顔も知らない祖先が生きていた時代。日本は日本であった。日本人も日本人であった。しかし東京は江戸であった。

私たちは忘れてはいないか。人情という言葉。人の情けに触れたときの感情。身の回りに困っている人がいれば、行く先のない子供がいれば、心配するのが筋ではないか。眼をかけ手を差し伸べるのが筋ではないか。筋を言う言葉をもう使わないか。責任問題になるからやってられないか。

作者の時代小説に対する共感はここにある。勧善懲悪ではない。報われない人もいる。主題はそこにあるのかもしれないが、主題を描く環境に現れる人間模様の豊かなこと。殺伐とせず、ゆっくりと進んでいく時間の豊かなこと。

登場人物たちの行く末がとても気になる。もう一度彼らに会いたい、彼らの時代に生きて時間をともに過ごしたい、という気持ちが高まる一冊である。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ