2008年9月 7日 (日)

空の中/有川浩 ~腑に落ちる、よくできた小説~

爽やかなタイトル。
中身も爽やかな小説と思いきや、
いい意味で裏切られる小説。

中身はSF・ミステリー・冒険・そして恋愛と盛りだくさん。

導入部はミステリー?
不思議な動物とともに現れるSFチックな展開。
恋愛要素も大人編・少年少女編と入ります。
少年の成長、も大切な要素ね。

やがて物語要素は政府や政治、先端研究まで広がると、
ラストで急速に家族愛へ絞り込んでいく。

これだけ要素が混在すると収束するのは難しそうだが、
うまく腑に落ちて漏れのないように描かれています。

登場人物もパターンにはまっていはいるものの魅力的です。
欲を言えば岬美由紀にそっくりなパイロットの彼女の活躍シーンが
もう少しあればよかったかも。

でもまぁ満足できる小説でした。

51b58dg7phl

空の中

2008年6月29日 (日)

重力ピエロ/伊坂幸太郎 ~清々しさの発露~

お洒落で片付けたくなくはないよね。

相変わらず生々しくない伊坂作品の登場人物も、悩みや苦しみは当然持っている。

それが描かれていないのは作者が描いていないだけ。泉水も春も父親も母親も、みな苦しみを抱えているのは間違いない。それはあまりにも当然だから作者は描いていないだけ。

「当たり前でしょ?」

この作品とコインロッカー、そして以降につながる作者の作品経緯、彼が何かをつかんだ、あるいは受け手が受け入れることができる鷹揚さが作品に生まれだした、そんなエポックメーキングとも言える作品。

正直ミステリーの謎解きは強引だし人の死が小説の香辛料として安易に使われている気もするが、謎解き以外の完成度と奥行きはかなり高まってきている感じ。

もう一歩、もう一歩。

相変わらず期待したくなる作家である。

51c3aed1ywl_3

重力ピエロ

にほんブログ村 本ブログへ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ