« 2008年8月 | トップページ

2008年9月 7日 (日)

空の中/有川浩 ~腑に落ちる、よくできた小説~

爽やかなタイトル。
中身も爽やかな小説と思いきや、
いい意味で裏切られる小説。

中身はSF・ミステリー・冒険・そして恋愛と盛りだくさん。

導入部はミステリー?
不思議な動物とともに現れるSFチックな展開。
恋愛要素も大人編・少年少女編と入ります。
少年の成長、も大切な要素ね。

やがて物語要素は政府や政治、先端研究まで広がると、
ラストで急速に家族愛へ絞り込んでいく。

これだけ要素が混在すると収束するのは難しそうだが、
うまく腑に落ちて漏れのないように描かれています。

登場人物もパターンにはまっていはいるものの魅力的です。
欲を言えば岬美由紀にそっくりなパイロットの彼女の活躍シーンが
もう少しあればよかったかも。

でもまぁ満足できる小説でした。

51b58dg7phl

空の中

« 2008年8月 | トップページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ