« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月18日 (月)

シドニー!/村上春樹 ~ちっとも楽しそうじゃないけど得るものはある~

元来この作者はスポーツ好きである。

というより、ある特定のスポーツにまつわる風景が好き、といったほうがよいかもしれない。(彼が小説を書くことを決意したのは神宮球場のヤクルトの試合中なのは有名は話しだ。)

とはいえ、彼のスポーツにまつわるエッセイというのは意外と少なく、前述の「走ることについて語るときに僕の語ること」とこの書くらいか。

Numberというスポーツノンフィクションの世界では雄ともいえる雑誌にて企画されたこの連載にて、作者は徹頭徹尾、オリンピックというものに懐疑的である。その成り立ち、(好むと好まずにかかわらず持ってしまった)意味、意義。それらを学習はするけれども深入りしようとしない。見るのはオーストラリアと、オーストラリア人と、そこに集う数多くの人々、そして与えられた、勝ち取った場で、すべてを出し尽くす競技者たち。

そして彼の懐疑的な視線を超えて、現れてくる(スポーツだけが持つ)美しい瞬間。

まぁなんだかんだいって、アスリートたちが競う瞬間はかけがえなく美しいし、どんなフィクションもたちうちできない時空間を形成する。スポーツに関する書ってそれに尽きてしまうところはあるのだけれど、そこにたどりつくまでにはその数十倍の凡夫な光景を見てすごさねばならない。(シドニーのビーチバレーとかね。)

日記形式のこの書は、その感情を同時進行系で味わえるのがよいかな。

と思いながらあまり面白くもない北京の高飛び込み競技を見ています。

(バンコクではなぜ飛び込みばかり中継するのか不明。)

41ff0t4g5al

シドニー!

にほんブログ村 本ブログへ

2008年8月15日 (金)

走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹 ~走ることについて~

走る人。

走らない人。

この本に関しては、読者によりその受け止め方が大きく異なるであろう。

走る人、は「走る」ことについての作者の真摯な取り組みと深い考察に共感し、

走らない人、は「語る」ことについての作者の(珍しくも)飾らない言葉の意味を追い求める。

ちなみに僕は「走る」人。(初心者ではあるけどね。)

走ることを知ると、ここで作者が語っている言葉は、幾多のメタファーを交えようと(村上エッセイのチャーミングな魅力!)、ダイレクトに心と体に届いてくる。

走らない人にとっても十分魅力的なエッセイだとは思うが、このダイレクトさはやはり読者を選ぶのではないだろうか。

そのことに作者は気づいていたであろう。ただし数十年走り、語りつづけてきた彼は、どこかで「走る」ことについて、「走る自分」について「語り」たかった。

わずか数ヶ月間走っているだけの僕の想像も、あながち間違いではないと思う。

41taa4lrfol_2

走ることについて語るときに僕の語ること

にほんブログ村 本ブログへ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ