« 生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~ | トップページ | 重力ピエロ/伊坂幸太郎 ~清々しさの発露~ »

2008年6月23日 (月)

アメリカ素描/司馬遼太郎 ~文化と文明~

食わず嫌いという言葉がある。

普通は食べ物に使う。しかしまれに作家に対して使うことがある。

私にとっての司馬遼太郎がそうであった。あまりにも有名ゆえ、あまりにも国民的作家ゆえ、あまりにも大家ゆえ。

そしてあまりにも年上のおっさんが勧めるがゆえ。

しかしはじめて読んでみた。それなりに面白かった。私も年をとったのだろうか。

司馬史観なる言葉があるらしい。日本の歴史の見方として、確立した世界を描きそれが一般に広く受け入れられているのは何ゆえか。

本書は作者がアメリカを初訪問したときのエッセイである。もともと海外紀行が得意ではない(欧米が得意ではない)作者の文章ゆえか、よく言えば肩肘はらない、ある意味力の抜いた文章でアメリカの日常の世界が描かれている。

エッセイとしてはそれは悪いことではなく、旅行者よりは踏み込み、生活者よりはひいた視点でこそできない描き方があるものである。またアメリカを移民国家として常に意識し、アメリカ人の民族的ルーツや宗教的背景からアメリカの20世紀を語っており、歴史家としての作者ならではの強みをあらわしている。

興味深い、ただし面白くはない。それがまだ私の作者への距離感。ただしもう少し彼の書物を読み進めてみようとは思う。

51z6029c7cl

アメリカ素描

« 生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~ | トップページ | 重力ピエロ/伊坂幸太郎 ~清々しさの発露~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/21824198

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ素描/司馬遼太郎 ~文化と文明~:

« 生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~ | トップページ | 重力ピエロ/伊坂幸太郎 ~清々しさの発露~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ