« フェルマーの最終定理/サイモン・シン ~ファンタスティックドキュメント~ | トップページ | 生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~ »

2008年6月 8日 (日)

やがて哀しき外国語/村上春樹 ~異国に住むとよくわかる~

異国に暮らすこと。

外国語を学ぶこと。

いずれも日本にいれば憧れること。でも実際異国ではストレスの連続。作者はそんなカルチャーギャップを軽妙に描いていく。

日本、アメリカ。その両国のどちら側にも立つことない、その絶妙なバランス感覚が面白い。遠い太鼓でもそうだけど、旅行だけでなく住むことで見えてくることって必ずある。

年をとると外国語を学ぶのがおっくうになる、というくだり。

異国に住むとほんとその通り。30%言葉がわかったら50%の意思は通じます。50%通じたらもう十分。同じ言葉でも70%しか通じてないと思うしね。結構うなずけます。

21v2hqjw4dl

やがて哀しき外国語

« フェルマーの最終定理/サイモン・シン ~ファンタスティックドキュメント~ | トップページ | 生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/21487420

この記事へのトラックバック一覧です: やがて哀しき外国語/村上春樹 ~異国に住むとよくわかる~:

« フェルマーの最終定理/サイモン・シン ~ファンタスティックドキュメント~ | トップページ | 生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ