« やがて哀しき外国語/村上春樹 ~異国に住むとよくわかる~ | トップページ | アメリカ素描/司馬遼太郎 ~文化と文明~ »

2008年6月10日 (火)

生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~

美しい読物です。

生物という美しい事象を扱いながら、科学の厳密性ゆえにあまりにも即物的な形態をとる書物(いわゆる教科書ですね)が多い中、この作者は科学的な厳密性を下敷きにしつつも、生物学の歴史(特にいままで現代的ゆえに多く語られることのなかった分子生物学史)を縦軸に通し、ふんだんな周辺の事象(NY・ボストン都市考察等)を横糸に散りばめ、学問の最先端を紹介しながらページは進んでいく。

読者は生物学の知識が極めて乏しくとも(0とは言わない)、作者の豊富な隠喩や教科書的解説により、決して科学的真実からは離れないよう距離感を定められている。

しかしながら、この本の魅力をなすのはあくまでも作者の文学的資質であるのではないか。

上記の美しい科学を、決して平易ではない言葉を用いながら、わかりやすく、なおかつ美しく表現できる作家を私は他に思いつかない。

分子生物学の名著はドーキンスの「利己的な遺伝子」をはじめ多々ある。

ただそれらの著書は、正直一般的な視点から見ると、結論にいたる道程が長すぎる。言いかえれば難しく語りすぎている。(科学的な厳密性を追及すればそうなるのはわかります。)かといって竹内久美子(「そんなバカな!」)までいくと単なるエピソード集で終わってしまう。

この本はドーキンスのその前後を知りたく、竹内久美子に満足できない、分子生物学(あるいは遺伝学)に興味をお持ちの方にお勧めです。(もちろん、普通のノンフィクション好きの方にもお勧めです。)

51oeidl3hxl

生物と無生物のあいだ

« やがて哀しき外国語/村上春樹 ~異国に住むとよくわかる~ | トップページ | アメリカ素描/司馬遼太郎 ~文化と文明~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/21534706

この記事へのトラックバック一覧です: 生物と無生物のあいだ/福岡伸一 ~科学の表現とそれ以外の表現~:

« やがて哀しき外国語/村上春樹 ~異国に住むとよくわかる~ | トップページ | アメリカ素描/司馬遼太郎 ~文化と文明~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ