« 空白の叫び/貫井徳郎~冗長なる濃厚~ | トップページ | 遠い太鼓/村上春樹~異国で考えること~ »

2007年5月 6日 (日)

悪党たちは千里を走る/貫井徳郎~肩の凝らない近作~

貫井氏には珍しく、気軽に読めるユーモア小説となっている。一見冴えないが実は実行力のある主人公、頭脳明晰な美女、すこし間の抜けた相棒、おませで機転に富んだ美少年。彼らが繰り広げる誘拐劇が意外な方向へ転じていく。

この手の小説は人物の魅力づけと設定のプロットが大事。がんばってはいるが前者についてはやはり伊坂幸太郎氏や奥田英朗氏に一日の長があるか。逆に後者については萩原浩氏と並んで貫井氏の真骨頂。伏線の貼り方とどんでん返しでうまい具合に読ませていく。

気軽に貫井ワールドに触れたい方にはオススメか。いきなり空白の叫びや愚行録はヘビーすぎる。あるいは両書の間に読むのが肩の力が抜けてもっともオススメかもしれない。

« 空白の叫び/貫井徳郎~冗長なる濃厚~ | トップページ | 遠い太鼓/村上春樹~異国で考えること~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/6319157

この記事へのトラックバック一覧です: 悪党たちは千里を走る/貫井徳郎~肩の凝らない近作~:

« 空白の叫び/貫井徳郎~冗長なる濃厚~ | トップページ | 遠い太鼓/村上春樹~異国で考えること~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ