« 外交敗北―日朝首脳会談の真実/重村智計 ~勝者は誰か~ | トップページ | 孤宿の人/宮部みゆき ~怜悧な時代~ »

2007年2月 8日 (木)

日暮らし/宮部みゆき ~あたたかな視線~

「ぼんくら」の続編。「ぼんくら」を読んだ人にはそれで充分魅力は伝わる。逆の順序で読んでも悪くはないが、やはりちょっともったいない。
まっとうな暮らし。それを日々繰り返し積み重ねていくこと。簡単なように見えて、簡単でない。なかなかうまくできないのが人間の性。
けれどやはりまっとうな暮らしはは悪くはない人生だ。そう語りかける作者のあたたかい視線がここちよい。江戸という時代背景を借りて、人情の上にサスペンスを展開し、卓越したストーリーテリングで物語は進む。

利発で事件の読みに才覚を発揮する美少年。お人よしの中に強さと厳しさを併せ持つ同心。口は乱暴だがどうしようもなく世話好きで懐が深いおかみ。線は細いがやさしく実直な青年。さまざまな事件が彼ら彼女らが織り成す暮らしの上に降りかかっていく。
作者の時代小説にはパターン化という批評もあるが、あえてこう解釈したい。何度でも何度でも、作者はこのテーマで、この形で、どうしても伝え続けたいものがあるのだと。その想いが続く限り、私たちは彼ら彼女らの「日暮らし」の様子を読み続けたいと思う。

« 外交敗北―日朝首脳会談の真実/重村智計 ~勝者は誰か~ | トップページ | 孤宿の人/宮部みゆき ~怜悧な時代~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/5265440

この記事へのトラックバック一覧です: 日暮らし/宮部みゆき ~あたたかな視線~:

» リカピン [リカピン]
リカピン [続きを読む]

« 外交敗北―日朝首脳会談の真実/重村智計 ~勝者は誰か~ | トップページ | 孤宿の人/宮部みゆき ~怜悧な時代~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ