« もう牛を食べても安心か/福岡伸一 ~動的平衡系 すべてのものはつながっている~ | トップページ | プリンシプルのない日本/白州次郎 ~変わらない原則~ »

2007年1月14日 (日)

縮んだ愛/佐川光晴 ~諦念~

教師。聖職者。障害児学級。妻一人子一人の五十男が語る諦念。人は聖なるものか。障害を抱えて生きることの困難。夫婦のずれていく思い。親子の不信と回復。

適度にリアルな登場人物たち。そこにおとづれる不条理な事故。その不条理に向かいあうとき、妻のとる思いもかけない行動。止めることのできない、いや諦める夫。ただあるものを受け入れていく。諦念。不作為。

最後のどんでん返し。真実は語られない。夫のへの共感は慎むべきか。しかし不作為と見守ることは紙一重ではないか。教師とは、夫とは、父とは何か。諦念に対する罪を背負い、主人公は語り終える。

« もう牛を食べても安心か/福岡伸一 ~動的平衡系 すべてのものはつながっている~ | トップページ | プリンシプルのない日本/白州次郎 ~変わらない原則~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/4929545

この記事へのトラックバック一覧です: 縮んだ愛/佐川光晴 ~諦念~:

« もう牛を食べても安心か/福岡伸一 ~動的平衡系 すべてのものはつながっている~ | トップページ | プリンシプルのない日本/白州次郎 ~変わらない原則~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ