« 世界の終わり、あるいは始まり/歌野晶午 ~仕掛けとストーリーのバランス~ | トップページ | みんな一緒にバギーに乗って/川端裕人 ~がんばれ保育士さん~ »

2006年11月25日 (土)

学校崩壊/河上亮一 ~正しいのは何か~

昨今の問題。いじめ。自殺。履修漏れ。教育の問題。

誰が悪いか。教師。校長。学校。教育委員会。文科省。

筆者は述べる。悪いのは「社会」です。「社会」とは何か。われわれである。私でありあなたである。親であり教師であり地域である。子供であり生徒である。

それはなぜか。教師は人間である。生徒も人間である。人間だから学校以外で何してすごす。生徒が学校ですごす時間はせいぜい数時間/日。休みを均せばもっと減る。年間の授業時間数より、テレビを見ている時間の方が多い。こども一人には親が通常二人いる。そんな中で一人の教師が四十人の生徒に何ができる。

教師の責任逃れの言い訳か。負け犬の遠吠えか。真実はどこにあるのか。個性・自由・独立。すばらしく実現したいキーワード。義務・強制・権力。教師がほしがるキーワード。

時代は振れる。管理から自由へ。自由から監視へ。体罰からゆとりへ。ゆとりから排除へ。着地点はどこになるのか。バランスを見ながらおそらく着地する。時代時代で異なるのは当たり前。自分が通過する期間はどちらに時代は振れていたか。自分の子供が過ごす期間ではどうなのか。気になるのはもっぱらその点である。

おそらく正解はない。解決策は百の問題に大して百通り。しかし大切なのは百の解答があると知ること。おそろしく厳しい答えもあればやさしい対処もあるはず。だから教師だけでもなく当然文科省だけでもない。われわれすべてが、負っている責任があるということが、この本を読むとよくわかる。

« 世界の終わり、あるいは始まり/歌野晶午 ~仕掛けとストーリーのバランス~ | トップページ | みんな一緒にバギーに乗って/川端裕人 ~がんばれ保育士さん~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/4311267

この記事へのトラックバック一覧です: 学校崩壊/河上亮一 ~正しいのは何か~:

« 世界の終わり、あるいは始まり/歌野晶午 ~仕掛けとストーリーのバランス~ | トップページ | みんな一緒にバギーに乗って/川端裕人 ~がんばれ保育士さん~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ