« 陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~ | トップページ | ビタミンF/重松清 ~「お話」の力~ »

2006年11月 2日 (木)

古道具 中野商店/川上弘美 ~そうは見えないけど幸福~

言葉で空気を作り出せる。言葉で人をつむぎだせる。小説家の真骨頂。

主人公はどんな女性だろう。いそうでいなくて、いなさそうでいる。まじめでアートで。明るすぎず暗すぎず、ちゃんと人と話ができて、仕事もこつこつして、同世代よりも年上の人となぜか話があって、携帯は使いすぎないけどきちんと使えて、PC(ピーシー)もできるけど古道具屋ではたらいている。

そんな彼女が好きになる彼はどんな男性だろう。すこしなまり(?)か口調が変わってて、コツコツ地味な仕事をいとわなくて、絵がむちゃくちゃうまくて、あれは得意ではなくて、不器用で、冷たいところもあって、いつのまにか仕入れの仕事はまかされてて、将来いつのまにかウェブデザイナーになってるけど、いまは古道具屋ではたらいている。

そんな古道具屋ではたらく主人はどんな人だろう。結婚を3回しているけど愛人もいて、彼女のことが好きだけどなぜかあいそをつかされて、店をたたむけどやっぱ古道具が好きで、でもまわりからはそんな風にみえなくて、店を再開するとけっこう人が来て、なんか周りからはあいそつかされてない。

主人の姉も古道具屋ではたらいていて、彼氏がいるけど不倫で、でもすごい彼が好きで、好きとセックスについて考えていて、芸術家(?)で、恋愛については一言持ってて、おそらく一緒にいたら慣れるのには時間かかるけど悪い人じゃない。

そんな人たちのお話です。一気に読めるわけじゃないけれど、少しずつ中野商店に慣れていくと離れるのが残念になります。何回も読み返したいわけじゃないけれど、いつかまた読んでみたい。

そんな、小さな佳品です。

« 陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~ | トップページ | ビタミンF/重松清 ~「お話」の力~ »

コメント

こんにちは!
ほんと、彼らと離れるのがだんだんさみしくなってくる、そんな本でした。続編が出るなら今すぐ読みたい!くらいに好きです。

コメントありがとうございます。最初から引き込まれたわけではないけど、最後には離れがたい小説でした!センセイの鞄を入手したので今日からとりかかります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/4035047

この記事へのトラックバック一覧です: 古道具 中野商店/川上弘美 ~そうは見えないけど幸福~:

» 古道具 中野商店 [川上弘美] [+ ChiekoaLibrary +]
古道具 中野商店川上 弘美 新潮社 2005-04-01 脱サラして二十五年、古道具屋を営む中野さんと、その店で働くヒトミとタケオ。ちょっと奇妙な彼らの日々を描いた物語です。 あいかわらず淡々とした描写。細かく細かく描写されているのに、音もなく静かな感じがするのはなぜだろう?と不思議になります。普通書き込むとにぎやかになるような気がするんですけど…。 物語の語り手はヒトミです。彼女をとりまくちょっと奇妙な人たち。彼らのペースに流されながらも静かな日々を過ごす彼女。最初のうちはそういう... [続きを読む]

« 陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~ | トップページ | ビタミンF/重松清 ~「お話」の力~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ