« 「へんな会社」のつくり方/近藤淳也 ~いい感じやん、はてな社長~ | トップページ | 愚行録/貫井 徳郎 ~最悪だけど悪くない~ »

2006年10月 9日 (月)

空中庭園/角田光代 ~関係性の不在~

家族とは何か。男と女と少年と少女が家にいる。しかしそこには家族はない。家での彼らは個人である。言いかえれば個人はいたが関係性はなかった。

男は愛人との関係に逃げ込み、女は子供時代から自分の母親との距離感を憂う。少女は自分を好きな男性を惑わせるうちに自分が迷い、少年はクラスで口をきく知人を持たない。

みな自らを見て、周りを見ない。自分のことは説明する。苦しいこと、しんどいこと、少しずつ全てではないけど説明する。説明したら、はい終わり。説明したからいいでしょ、もう。少しは気持ちをわかってよ。でも誰もわかってくれないよ。だって聞いちゃいないもんね説明は。みな自分で精一杯しんどいから、いや結構まじで。

そのように彼らは日々過ごす。家族のように家に集う。しかしそこには家族はない。彼らはいるけど、家族はない。

家に一人の女性が新たに集う。父親の愛人が息子の家庭教師に。彼女が感じるこの家の奇妙な空気。変だよこの家は?ナチュラルなハイテンション。しかし彼女も家族に飽きていた。ずっと昔から飽きていた。だから彼女も何も見出せない。結局何も変わらない。ただ一つできたのはこのまちから抜けること。自分の今の場所を変えること。

終わりに救いはあったのか。せつなさともやもやが同居するエンディング。彼らはどこにも行かない。おそらくいつまでもしゃべり続ける。新興住宅地・大規模ショッピングセンターのあるまちでいつまでも。

« 「へんな会社」のつくり方/近藤淳也 ~いい感じやん、はてな社長~ | トップページ | 愚行録/貫井 徳郎 ~最悪だけど悪くない~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/3749463

この記事へのトラックバック一覧です: 空中庭園/角田光代 ~関係性の不在~:

» 角田光代【空中庭園】 [ぱんどら日記]
しばらく前に友人と遠出して、ホテルに1泊したが、どうも内装が安っぽくて、「なんだかラブホテルみたいね」と言って笑った。 しかし「え、ラブホテルってどんなところだか知ってるの?」とツッコミを入れたのは、もう少... [続きを読む]

« 「へんな会社」のつくり方/近藤淳也 ~いい感じやん、はてな社長~ | トップページ | 愚行録/貫井 徳郎 ~最悪だけど悪くない~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ