« その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~ | トップページ | 古道具 中野商店/川上弘美 ~そうは見えないけど幸福~ »

2006年10月31日 (火)

陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~

まあ、こんなもん?いいよ。おもしろいよ。売れるよね。きっと。雰囲気あるし。でもさあ、そんなにちやほやする本でもないよ。小説かなあ、長い小話のような気がする。おもしろい!より、うまい!座布団一枚っ!て感じの。芸人だからよいのだけれどね。最後のオチを考えついたあとに小説書いてる感じがするね。だから読めるんだよね。途中はオチのためにあるから読んでいるとオチが早く読みたくなる。オチも結構オチているから面白いよね。でも小説である必要ないね。小話とか、コント、短編ドラマでも結構シュールで成立しそう。連作の小説で少しずつつなげているのはどうかなあ。構成としては必要ないと思うけど、ないとあまりにも弱い短編がうきぼりになるのかも。以上。

« その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~ | トップページ | 古道具 中野商店/川上弘美 ~そうは見えないけど幸福~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~:

« その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~ | トップページ | 古道具 中野商店/川上弘美 ~そうは見えないけど幸福~ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ