« 養老孟司の「逆さメガネ」/養老孟司 ~問題意識・問題は意識~ | トップページ | 空中庭園/角田光代 ~関係性の不在~ »

2006年10月 9日 (月)

「へんな会社」のつくり方/近藤淳也 ~いい感じやん、はてな社長~

ライブドア・楽天・サイバーエージェント。
サービスを使って商売をする人。その路線の延長上に彼らは属するのか。どうもこの本を読むと違うらしい。
はてな。
サービスをつくる人。

普段僕らが当たり前のように使っているネットの向こう側では、熾烈な競争が行われている。と思っていた。
いや実際行われている。IT社長の成功談はかなり読んだ。彼らはめちゃくちゃ一生懸命働いた。
だから成功した。会社は大きくなった。金ももうかり億万長者だ。それでどうなった。その次が見つからない。
だから宇宙に行くとかテレビ局を買うとかマネーゲームをはじめるとか。何をしているか見えてこない。
だから僕らはついていけない。というよりどうでもいいからついて行かない。気にしない。

この書の著者、「はてな」社長の近藤淳也の語り口はとても「ゆるい」。しかしとても真面目だ。何をしたいのかわかっている。自覚している。だからぶれない。ゆるくしゃべっても話はぶれない。むしろゆるい語り口はわかりやすい。言葉が僕らに届きやすい。
「社会に対してプラスを提供したのとマイナスを取った差が利益だと思うんですよ。それが会社の存在価値で、その最大化をやるべきであって、手元のキャッシュを最大化したって、別に100年後に何の評価もされないですよね。」
「ものづくりですよ、はてながやることは。一番意識しているのはグーグルですね。」

真面目にものをつくっていくこと、日本人が得意だったはずのこと。肩肘張らず、いい感じで近藤は語る。

サービスについて、使う人の想いをくみとるためのしかけづくり、くみとった後のフィードバック、組織について、オープンであること。まっすぐに良いことを試してみよう、そして失敗したらもう一度やってみよう。自分もみんなも楽しくするためにやってみよう。

意識的にか無意識か、はてなの姿勢はWeb2.0につながるらしい。近藤はアメリカに発った。はてなはこれからどうなる?しばらくは彼のblogも追いかけよう。自分は楽しくなれるか?少し試してみるか。

« 養老孟司の「逆さメガネ」/養老孟司 ~問題意識・問題は意識~ | トップページ | 空中庭園/角田光代 ~関係性の不在~ »

コメント

更新です

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/3745363

この記事へのトラックバック一覧です: 「へんな会社」のつくり方/近藤淳也 ~いい感じやん、はてな社長~:

« 養老孟司の「逆さメガネ」/養老孟司 ~問題意識・問題は意識~ | トップページ | 空中庭園/角田光代 ~関係性の不在~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ