« 今日も友だちがやってきた/野田知佑 ~鮮烈な人~ | トップページ | その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~ »

2006年10月28日 (土)

マグネット/山田詠美 ~罪がないのに与えられる罰~

短編集。語られるのは恋愛。記憶。少女。死。兄弟。女性。痴。暴力。

恋は作者の重要なモチーフ。だが恋だけではない。だから読み手と読む状況を選ばない。

十代の少女なら「熱いジャズの焼き菓子」を、三十代の男性なら「解凍」を、二十代のの女性なら「マグネット」を。淋しい夜には「YO-YO」を、眠れぬ夜には「LIPS」を、電車の中では「アイロン」を、海外旅行では「COX」を、笑いたいときには「瞳の致死量」を、そして家族を想うときには「最後の資料」を。

まとめて読むととらえにくいのは確か。しかし底辺に流れる彼女の言葉は続いている。一つの小説を読み終え、次の小説を読む。ストーリーは分断されている。しかし言葉はつながっている。読み終えて流れてくるのは何か。

「罪」と「罰」。

犯した罪があれば罰がある。罰は社会的なものだけでなく個人の心象の中にも現れる。それは狂った美しさを生み、滑稽な営みをつくりだす。

時に罪がないのに与えられる罰もある。それが病であり死であったとき、身近な人にその状況が生じたとき。痛切な想いと空白の時間。

作者への距離感が近くなる。なぜなら彼女は身を切り取って提示している。どこにでも誰にで起こりうる悲しみと、悲しみの中のやさしくも強い言葉を。

« 今日も友だちがやってきた/野田知佑 ~鮮烈な人~ | トップページ | その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/3984429

この記事へのトラックバック一覧です: マグネット/山田詠美 ~罪がないのに与えられる罰~:

« 今日も友だちがやってきた/野田知佑 ~鮮烈な人~ | トップページ | その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ