« マグネット/山田詠美 ~罪がないのに与えられる罰~ | トップページ | 陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~ »

2006年10月31日 (火)

その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~

その日のまえに、すべきこと。

その日のまえに、したいこと。

その日のまえに、伝えたいこと。

その日のまえに、その日のまえに。その日が来なければよいと思うこと。

小説のような小説。フィクションのようなフィクション。フィクションであり続けてほしいフィクション。しかしいつかは誰のもとにも訪れるであろうフィクション。自分のもとに訪れる小説。

読むこと。感じること。日々、目のまえにいる人を思うこと。読み終えた僕は自分と自分のまわりを振り返る。僕のその日と、周りの人のその日のことを想う。

小説らしい小説。

« マグネット/山田詠美 ~罪がないのに与えられる罰~ | トップページ | 陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~ »

コメント

その日って、誰にでも訪れるんですよね・・。そう思うと何気ない日常がかけがえのないものに思えてきます。
とりあえずその日はずっと先にしてほしいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/4022480

この記事へのトラックバック一覧です: その日のまえに/重松清 ~小説らしい小説~:

» 「その日のまえに」重松清 [本のある生活]
その日のまえに こういう人が死ぬ設定は、苦手だ苦手だといいながら、結局読んでしまいました。だいたいの内容を知っていたので、避けてはいたのですが、重松さんが描くとどうなるんだろう、もしかしたら大丈夫かもしれないという気がしたのです。 やっぱり泣きました・....... [続きを読む]

« マグネット/山田詠美 ~罪がないのに与えられる罰~ | トップページ | 陰日向に咲く/劇団ひとり ~長い小話~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ