« ねじの回転/恩田陸 ~五感で語りかける小説家~ | トップページ | 養老孟司の「逆さメガネ」/養老孟司 ~問題意識・問題は意識~ »

2006年9月23日 (土)

蛇を踏む/川上弘美 ~癖になる描写~

蛇を踏む:あらすじ「女は藪で蛇を踏んだ。蛇は女になり食事を作って待つ。」

消える:あらすじ「消える家族、縮む私。」

惜夜記:あらすじは書けません。

暗喩、類型、象徴。小説の解釈はおそらく無数にある。彼女の小説はその多くを受け入れるだろう。しかし彼女の小説はそのいずれからも逃れるだろう。だっていきなり言葉が変わる。主語と述語の組み合わせは通常見かけない。「人」普通は「縮む」ことはない。「少女」に「きのこ」は「生える」はずはない。「ニホンザル」は「謝りなさい」と怒らない。もちろんSFでもありません。

しかし言葉は生きる。読み手のなかに最初は違和感とともに引っかかっていく。やがとその引っかかりが増えていき、そのままこの世界にバイバイか。あるいは深く入っていくか。この小説が引き起こす反応は大きくはこの2つ。

僕はどうか。僕は夢を見たい。惜夜記のような夢を見たい。

彼女の中からどう言葉は生まれるのか。言葉は実態を描写するもののはず。しかし彼女の実態は溶けていき、消えていく。言葉だけが残る。残った言葉が動きはじめる。最初はだからついていけない。実態を追うと混乱する。あるときから実態を追うことをやめ、言葉だけを追ってみる。するとあら不思議。この描写は癖になる。

« ねじの回転/恩田陸 ~五感で語りかける小説家~ | トップページ | 養老孟司の「逆さメガネ」/養老孟司 ~問題意識・問題は意識~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/3548286

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇を踏む/川上弘美 ~癖になる描写~:

« ねじの回転/恩田陸 ~五感で語りかける小説家~ | トップページ | 養老孟司の「逆さメガネ」/養老孟司 ~問題意識・問題は意識~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ