« 環境デザイン講義/仙田 満 ~いつか発見するもの~ | トップページ | MOMENT/本多孝好 ~設定の違和感~ »

2006年9月 4日 (月)

真夜中の五分前/本多孝好 ~どこまで本気になればよいか~

うまい、読ませる。しかし、ぐうぅぅぅ。

この辺りは共感する人はいないか。村上春樹の表面をすくいとって恋愛小説にしたてあげていないか。

そんな意図はないとは思う。前半はたしかに読ませる。だが軽い。主人公があまりにも軽い。少し夢物語的なストーリー展開は誰向けか。アキバ系少年か、アート系女子学生か。

ひどいことを書きすぎか。悪くはない。文章のセンスよく、最後まで読ませる。ずっとそう書いているではないか。

しかし前半だけで終わっていればこの小説は本当に悪くない形で終わっていた。双子だからといってそんなに難しく人生を過ごす必要はない。女性の主人公の描写が男好みに書けているだけに、普通にハッピーエンドに終わらせておけばよい。それがみんなの幸せ。これが感想。

« 環境デザイン講義/仙田 満 ~いつか発見するもの~ | トップページ | MOMENT/本多孝好 ~設定の違和感~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/3322165

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の五分前/本多孝好 ~どこまで本気になればよいか~:

« 環境デザイン講義/仙田 満 ~いつか発見するもの~ | トップページ | MOMENT/本多孝好 ~設定の違和感~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ