« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月 5日 (月)

ニート/絲山秋子 ~純粋で純愛な~

絲山秋子さんについては書きたかった。確かな文体、流れる寂寥感。

この小説は彼女の中で特に評価の高いものではなかった。だけれども私は彼女のこの小説を選びたい。題名は今話題のニートだが、この小説は純愛小説なのではないか。しかしよくかんがえると彼女の小説は多かれ(袋小路の男)少なかれ(イッツオンリートーク)純愛小説なのではないか。

純愛なのに流れる寂寥感。純愛だからこそ描かれる性愛。彼女は何を見ているのか。受け止め方の許容度を増やすと、彼女の小説はぐんと面白くなる。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ