« 会社はこれからどうなるのか/岩井克人 ~社会科学と想いと哲学~ | トップページ | スロー快楽主義宣言!/辻信一 ~信じてもよいですか~ »

2006年5月13日 (土)

第三の時効/横山秀夫 ~上手すぎる~

あまりにも上手すぎる。

謎解き。人間。縮図。

主人公は一人ではない。組織でもない。一人一人があまりにも魅力的に描かれ、ストーリーは読み手の心をつかんで離さず、ページをめくる手の動きは止まらない。

警察小説とは何だ?と読みはじめる前は思うが、読み終えるとそこにあるのは警察という世界に生きる、生かされる男たちの生き様。

しかしやはり最大の魅力はそのミステリーとしての完成度。長すぎず短すぎない各編のラストは、一冊の本を読み終えたときに各編の数だけ唸り声をあげさせる。

「半落ち」では落ちなかった僕がこの本では落ちた。

« 会社はこれからどうなるのか/岩井克人 ~社会科学と想いと哲学~ | トップページ | スロー快楽主義宣言!/辻信一 ~信じてもよいですか~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三の時効/横山秀夫 ~上手すぎる~:

« 会社はこれからどうなるのか/岩井克人 ~社会科学と想いと哲学~ | トップページ | スロー快楽主義宣言!/辻信一 ~信じてもよいですか~ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ