« 砂漠/伊坂幸太郎 ~今までいなかった人~ | トップページ | 第三の時効/横山秀夫 ~上手すぎる~ »

2006年4月28日 (金)

会社はこれからどうなるのか/岩井克人 ~社会科学と想いと哲学~

経済を語ること、は事後の事実の追認作業ではないか。
そう思わせるアナリストの経済書・ノウハウ本はあまりにも多い。
わかりにくいことをわかりにくく書いているとしか思えない書籍の集積。

わかりにくいのは説明に無理があるから。
ということがこの本を読んでいると非常によくわかる。

会社とは何だったのか。
会社とは何か。
会社はこれからどうなるのか。

数字でなく概念で物事を捉えることの当たり前のわかりやすさ。
そして概念が本質を捉えている(多分)から来る事の説得力。

社会、経済の時代的変遷から考察する著者の資本主義の分析は、数字でなく、
データでもない、おそらく、哲学。
「ポスト産業社会の資本主義は【差異】により成り立つ。」

惜しむらくはやはり社会科学は未来を語ることに適していないのか。
これからあるべき会社の姿の提言には一抹の弱さ、希望的観測が入り混じる。
(少し希望が勝ちすぎか。)
でもこれから、今までとは違う資本主義のあり方を、あるべき姿の
資本主義のあり方を、提言したい著者の想いは充分に伝わる。
わたしたちは、その想いを受け取ることができるか。

身近な会社について、ゆっくりと考えざるを得ない秀作である。

« 砂漠/伊坂幸太郎 ~今までいなかった人~ | トップページ | 第三の時効/横山秀夫 ~上手すぎる~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84530/1606621

この記事へのトラックバック一覧です: 会社はこれからどうなるのか/岩井克人 ~社会科学と想いと哲学~:

« 砂漠/伊坂幸太郎 ~今までいなかった人~ | トップページ | 第三の時効/横山秀夫 ~上手すぎる~ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ